脱毛にはアフターケアを

脱毛後のアフターケアも非常に大切ですが、まずはムダ毛処理の前に肌を清潔にしておくことが必要です。清潔にしておかないと、皮膚に雑菌が入ったりして、炎症やかぶれなどが置きやすくなります。浴室は、雑菌の温床ですから、特に気を付けましょう。お風呂に入ったあとは、シャワーを浴びて、しっかりと汚れを落とすことが重要です。また、肌やムダ毛に潤いを与えてからムダ毛処理をすることも、処理をする際にスムーズにおこなえるので、そういったことにも気をくばることが大切です。

カミソリやシェーバーなどでムダ毛処理をしたあとは、必ず除毛したムダ毛や剥がれてしまった角質が、処理によって剥がれてカミソリやシェーバーなどに付着していますので、そういった汚れをしっかりと取り除いておきましょう。カミソリやシェーバーなどが汚れにおって目詰まりしてしまうと、刃の切れ味が悪くなって、次回使用する際に肌に負担がかかってしまいます。また、器具を洗ったあとも、しっかりと乾燥させて錆びたりしないように気を配りましょう。他にも、脱毛後に肌を冷やすことも重要です。

毛根からムダ毛を抜いて処理をする場合には、皮膚が引っ張られたり、毛穴が広がったりするため、処理した後は、肌がほてって軽い炎症を起こすこともあります。タオルを冷やしてから肌にあてて、肌を鎮静化させなければなりません。脱毛後や除毛後は、肌の角質層が普段よりも薄くなっているため、いつもより紫外線などの刺激に対して過敏に反応することがあります。真夏でなくても、直射日光に肌をさらすのは、皮膚が落ち着くまで避けた方がいいでしょう。